adsense
adsense
pickup

かねてから噂に上がっていた元3階級制覇王者の井岡一翔とWBOスーパーフライ級指名挑戦者でかつてドニー・ニエテスと決定戦で引き分けたアストン・パリクテの間でニエテスが返上した空位のWBOタイトルが争われる方向で進んでおります。

f:id:TBT:20190326073225j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

井岡は昨年大晦日にマカオでニエテスと決定戦で対戦して僅差判定負け。お互いに決定打の少ない試合となりましたがパンチの効果の差が出て4階級制覇を逃しましたな。

 

井岡とパリクテの試合は春の後半から夏の早い時期に向けて話し合いが続けられているそうで、今月の終わりまでには正式な発表があるのではないかとの見方が大半ですな。

 

このタイトルはニエテスがパリクテとの指名戦を回避して王座を返上。37歳という年齢からビッグマッチを見越しての返上となりますな。パリクテは1月に指名挑戦者決定戦で2ラウンドKO勝ちを収めたフィリピンの強打者。ニエテスが同国人対決よりもより大きなお金を稼ぎに行く試合を求める選択により振られちゃいましたな。

 

井岡はここまでミニマム級、ライトフライ級、フライ級を制してきた男で昨年短い引退期間から復帰。ここまで敗れたのはアムナットとニエテスだけの日本が誇る技巧派王者ですな。

www.boxsharpjab.com

 

 

続いて元WBO世界ミドル級王者でここまで無敗のサウスポーのアウトボクサー。ビリー・ジョー・サンダースさん。4月のウェンブリーでメインを張るイシュフィ戦は大方の予想通りWBOスーパーミドル級暫定王座決定戦となるようですな。

 

このタイトルはヒルベルト・ラミレスがライトヘビー級に上げるため返上すると見られていたもののラミレスがまだ返上してないと怒り笑笑。サンダースはミドル級からスーパーミドル級までで自分がベストだと豪語しています。

 

"これはホームカミングバウトだけど少しプレッシャーはあるよ。だって家に近いところでボクシングしたことないからね。イシュフィは俺の首を狩りに来てるからしっかり準備しないとね。俺にはまだやり残した仕事があるしみんなまだ俺のベストを見ていない。2018年はリングの中も外も最悪の一年だったからイシュフィ戦でまたトップに戻るんだ。ミドル級でもスーパーミドル級でも試合をするよ。ミドル級からスーパーミドル級で俺がベストだと思っている。スーパーミドル級ではカラム・スミスと対戦したいな。彼はグレートだけど俺自身をテストしたいんだ。"

 

スミスさんとりあえず次戦決めやんとな…

 

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!! (海外ボクシングを見るならWOWOW)

www.boxsharpjab.com

 

 

adsense
おすすめの記事