adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2014年アメリカで行われたWBO世界ウェルター級タイトルマッチ

王者ティモシー・ブラッドリーvs.マニー・パッキャオの一戦です!!

f:id:TBT:20190127201619j:image

 

 

www.boxsharpjab.com

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

 

この試合はリマッチであり、初戦はブラッドリーが不可解な判定で勝利。本人のせいではないのにやたらと批判にさらされるなどとても可哀想な結末を迎えました。

パッキャオはその後マルケスに失神KO負け…リオスとの再起戦を判定で制して世界戦の舞台に戻ってきました。

 

そしてこの試合はブラッドリーがパッキャオに右ストレートを効かせる場面もあるなど初戦よりも激闘に!しかしパッキャオが旺盛な手数とテクニックで上回って王座を奪回しました!!

 

それではこの試合を振り返ります!!

 

 

試合経過

 

1ラウンド

ブラッドリーはジャブをついてパッキャオはワンツーで前進する。

序盤サイドに動くブラッドリーにパッキャオの左リードが浅く当たり左ボディも当たる。

ブラッドリーも中盤ジャブに右をかぶせて大振りのフックを返してパッキャオもワンツーを返す。

ブラッドリーはガードの上からでもワンツーを放ち、今回は積極的に出てくる。

 

2ラウンド

ブラッドリーは右を振るが、パッキャオはワンツーで対抗してブラッドリーを下がらせる。

中盤パッキャオの飛び込んでの左ショートがヒットし、ブラッドリーは下がる!!

襲いかかるパッキャオだがブラッドリーはクリンチしながら頭を押し付けてピンチを乗り切る。

 

3ラウンド

パッキャオは自信を深めてワンツーでどんどん前に出るがブラッドリーは逆にガードを固めて前進。

接近戦で右アッパーを振り回してパッキャオが腕を振れるスペースを奪う。

ブラッドリーはどんどん前に出て右ボディを当て、パッキャオを追い回す予想外の戦い方。

パッキャオは終盤ワンツーでブラッドリーを中間距離に釘付けにするがブラッドリーはボディから顔面にフックを返す。

www.boxsharpjab.com

 

4ラウンド

ブラッドリーは長い間合いからワンツーを放り込んで戦い方を頻繁に変える。

中盤パッキャオのバックステップに合わせた渾身の右でパッキャオはふらつく!!

しかし詰めきれないブラッドリーはパッキャオの左ボディを被弾して終盤右を当てるが大きなダメージは与えられない。

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

 5ラウンド

ブラッドリーは前に出るがロープに腕が絡まってパッキャオのワンツーを浴びる。

ブラッドリーは前に出て右を振り、残り1分で右を当てる。

パッキャオは激しくサイドに動きながら左を狙うが少し手数が少ない。

 

 6ラウンド

ブラッドリーは下から攻めるがパッキャオはプレッシャーをかけて左を振る。

パッキャオはブラッドリーの右は外して自身のヒットも少ないもののヘッドムーブに合わせて左を出す。

終了間際ブラッドリーに一気呵成の連打を見せるパッキャオがポイントを奪う。

www.boxsharpjab.com

 

 7ラウンド

ブラッドリーは積極的に出て左右ボディを狙ってくる。

しつこく前に出るブラッドリーは多少の被弾を承知の上でパッキャオのボディを狙う。

しかしパッキャオは少し打ち疲れたブラッドリーに終盤ローブマに詰めて一気呵成の連打!見せ場を作ってポイントを奪う。

 

 8ラウンド

ブラッドリーは下がりながらパッキャオの打ち終わりを狙う。

パッキャオはジリジリ詰めて左右を放ち、ブラッドリーはジャブで離れる。

残り1分でパッキャオはブラッドリーのジャブに合わせたジャブをヒット!

 

 9ラウンド

ブラッドリーは開始早々ワンツーで踏み込んで左フックをヒット。

ブラッドリーはバランスを崩すシーンが目立ち、疲れているようだ。

パッキャオは中盤ブラッドリーをロープに詰めて左を当てるがブラッドリーもしぶとく粘る。

www.boxsharpjab.com

 

 10ラウンド

ブラッドリーは大振りの右を叩き込むがブロックの上。

パッキャオの打ち終わりに必ずパンチを返すブラッドリーは勝負を捨てておらずサイドに動き続ける。

パッキャオの左に臆さずワンツーを返すブラッドリーは勇敢でワンツーで前に出る。

 

11ラウンド

ブラッドリーは下がりながらジャブをついてカウンターを狙う。

中盤パッキャオのジャブに右をかぶせてヒットさせてパッキャオのプラスから逃げ回る。

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

12ラウンド

パッキャオはポイントが微妙と見たか前に出て圧力を強める。

ブラッドリーもワンツーを返すが少し手数が衰えてプレッシャーへの弱さを露呈する。

 

判定は116-112が2人、118-110が1人の3-0でパッキャオ!!

ちなみに僕は116-112でパッキャオでした!

www.boxsharpjab.com

 

 

所感

 

割と苦しい試合やったな…

 

この試合はパッキャオが勝ったと思われた前戦のこともあってパッキャオが有利の予想が多かったです。しかしそのせいもあったかブラッドリーの大健闘に世間は反応。株を上げましたな。

 

ブラッドリーは初戦の戦い方では勝てないと判断したか自らプレッシャーをかけるまさかの選択。そしてこれは結構機能していた。だけども続けられなかったな…

 

この2人はまた3試合目をやるんですけど、その試合でブラッドリーは判定負けして引退。パッキャオも引退しましたけどまた復帰。ブラッドリーがパッキャオにしか負けたことがない事実はどれだけの人が知ってるのかな?

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ!

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

www.boxsharpjab.com

 

adsense
おすすめの記事