adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2016年日本で行われたWBA世界フライ級王座統一戦

王者井岡一翔vs.暫定王者スタンプ・キャットニワットの一戦です!!

 

www.boxsharpjab.com

 

この試合は井岡の4度目の防衛戦。

スタンプは試合当時18歳のうら若き王者で当時無敗のタイ期待のボクサー。

 

そしてこの試合は2ラウンドにスタンプの右スイングで井岡がまさかのダウンを喫するものの7ラウンドにスタンプを倍返しのボディでKOし、リング上で嘔吐させるおまけ付きで王座統一…

 

日本の誇る技巧派王者井岡の試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

試合経過

 

1ラウンド

井岡はいつも通り様子を見ながらワンツーをボディに伸ばす。

中盤にも左ボディを当ててスタンプはガードが間に合わずにスキルに差がある。

 

 2ラウンド

井岡はスタンプの動き出しにジャブを当て、スタンプは右をスイングで思い切り振り回してくる。

しかし終盤接近戦で井岡のボディに合わせた右スイングのカウンターで井岡はダウン!!

ダメージのある井岡は足を使ってこのラウンドを逃げ切る。

 

3ラウンド

スタンプは自信を深めて圧力を強めて振り回してくる。

井岡はコツコツと左ボディを当てていきジャブに合わせたジャブを当てる。

終盤スタンプは左ボディに合わせた右スイングのカウンターを浅くヒット!しかし井岡は冷静に対処する。

www.boxsharpjab.com

 

4ラウンド

井岡は左ボディを強めに打ち込み、ジャブに右を合わせる。

井岡は顔面への右から左ボディを返してこれがしこたま当たる。

スタンプは手数が少なくなり下がるシーンが増えてくる。

 

 5ラウンド

井岡は顔面にコツコツジャブを当てて左右ボディを当ててスタンプを削る。

中盤ボディ中心のコンビネーションで体力を奪い、入り際に右ショートを当てる技巧の高さを見せる井岡。

 

6ラウンド

井岡は強引にでてくるスタンプは井岡の上下への打ち分けにに対応できずにアッパーで顔面を起こされる。

ガードの上からの井岡のパンチでスタンプの圧力は衰えてくる。

 

 7ラウンド

井岡は序盤右アッパーから左ボディを巧打。明らかに効いてきたスタンプは力が入らなくなっている。

中盤にも強烈な左ボディを当てて無理やりでてくるスタンプだが、間が出来た時井岡の狙いすました左ボディで遂にダウン!!

よく立ったが井岡のボディのコンビネーションでダウン!!立ってきたが嘔吐したスタンプを見たレフェリーがストップ!!若き暫定王者を蹴散らした!!

www.boxsharpjab.com

 

所感

 

最後スタンプよく立ったな…

 

最後のダウンも最初のダウンもレフェリーがストップしてもおかしくないほどのダメージで2度とも立ってきたこの選手の根性は見上げたものだと思う。

それでも井岡はまさに精密機械のように相手の弱点を突き続けてストップ勝ち。まさに倍返しのKOであそこまでけちょんけちょんにやられたら自信なくしてもおかしくはないかな…

 

相手の出方を伺う少し悪癖があるもののこの選手の技巧はまさに日本歴代トップクラス。対戦相手の質とかよく言われるけど、個人的にはもっと評価されてもいいと思いますね。

 

基本的に上位ランカーと試合してるし、戦うたびに進化している感のある井岡はスーパーフライ級のトップでも通じるのか?ここが年末の焦点かなぁ…

www.boxsharpjab.com

 

adsense
おすすめの記事