adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

2014年日本で行われたWBC世界バンタム級タイトルマッチ

王者山中慎介vs.スリヤン・ソールンビサイの一戦です!!

 

 

www.boxsharpjab.com

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

 

この試合は山中慎介の7度目の防衛戦で5連続KO防衛中の最中での強敵を迎えての防衛戦。

スリヤンは元スーパーフライ級王者で、佐藤洋太に敗れたものの来日経験もある運動量豊富な曲者だ。

 

この試合は序盤スリヤンの動きにペースを取れない山中だが中盤に三度のダウンを奪った末に 12ラウンド判定勝ち。見事に指名挑戦者のスリヤンを退けた!

 

それではこの試合を振り返ります!!

 

試合経過

 

 

1ラウンド

サウスポーの山中にオーソドックスのスリヤンが踏み込んでの右をヒットするがパンチ力は感じない。

スリヤンはどんどん手数を出してきてスロースターターの山中を押すが、山中は決定打はもらわない。

 

 2ラウンド

山中は左を軸に手を出し始める。

スリヤンはガードの上からでも思い切って打ってきて左フックを序盤にヒット!!

山中はジャブをついて立て直しを図るがスリヤンはグイグイ前進して距離を潰す。

山中は入り際に左ボディを狙い、終盤に左ストレートをヒット!スリヤンは後ずさる!

 

3ラウンド

山中は距離をキープしてジャブをつく。

スリヤンの動き出しにジャブをコツコツ当てて返しの右フックをヒットさせる。

www.boxsharpjab.com

 

4ラウンド

スリヤンは手数を増やして攻勢に出る。

山中の打ち下ろしの左がスリヤンの側頭部を捉え、入り際に右アッパーを狙う。

ラウンド終盤にも左を当て、スリヤンを警戒させる。

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

 5ラウンド

山中はスリヤンの入り際を狙うが、スリヤンはおかまいなしに詰めてくる。

スリヤンの右が厄介で山中はよく被弾する。

山中も要所で左を当てるが、スリヤンの勢いを止めきれない。

 

 6ラウンド

山中は序盤スリヤンの入り際に左アッパーをヒット!返しの右フックもよく当たり、パンチの効果には差がある。

スリヤンの攻撃はクリンチでしのいでうまく距離を取る。

www.boxsharpjab.com

 

 7ラウンド

スリヤンはアッパーからの右を序盤当てて山中に肉薄する。

山中は力みのない左を当て、打ち終わりのカウンターが冴える。

ラウンド終盤には不用意に踏み込んできたスリヤンの打ち終わりに左をダブルで当ててスリヤンは後ろに吹き飛ぶ痛烈なダウン!!しかし、山中がカウント途中で近寄ったため10カウントを逃してしまう。

 

 8ラウンド

山中はくっついてくるスリヤンに左をねじ込みKOを狙う。

山中はワンツーのコンビネーションを放ってスリヤンはダメージを感じさせる。

ショートの左が何発も当てるが、スリヤンも右フックを返して物凄いラウンドとなる。

ラウンド終了間際、山中の左からの右アッパーでスリヤンは背中からダウン!!

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

 9ラウンド

スリヤンはダメージを抱えてくっついてくる。

山中は入り際に左を狙いまくり、細かいコンビネーションでスリヤンはレスリング行為で減点される。再開後、山中の左アッパーでスリヤンは膝をつくダウン!!

スリヤンはフラフラながらもうまく踏み込んではクリンチして凌ぐ。

www.boxsharpjab.com

 

 10ラウンド

スリヤンは組みつきながらパンチをねじ込んでくる。

山中はひっぱたくような左を入り際に当ててスリヤンにダメージを与える。

 

11ラウンド

スリヤンは体を振りながら前進してもみ合いの中でパンチをねじ込む作戦。

山中は距離をとってワンツーを打ち込み、左ボディを効かせる。

 

 12ラウンド

スリヤンはKOを狙って肉薄してくるがダメージを与えることはできない。

山中は冷静に下がりながら左を当てて中盤に効かせるがこちらも詰め切ることはできない。

スリヤンは頑張るもののパワーレスで疲労で足がついてきていない。山中が左を放ったところでゴングが鳴る。

 

判定は114-110.116-108.115-109の3-0で山中!!

ちなみに僕の採点は117-107で山中でした!!

www.boxsharpjab.com

 

所感

 

 

 7ラウンドのダウンシーンもったいない説…

 

いやー本当にあのシーンはもったいなかった。山中さんの持つキラー・インスティンクトはかなり強くてKOチャンスが来た時の殺気はめちゃくちゃ怖いんですけど、この試合に関してはそれが仇になったかな笑笑

 

 7ラウンドのダウンシーンは割とマジで20秒くらいカウントかかってた気がする。まぁルールを破ったのは山中だから文句は言えないけど。

 

ちなみにスリヤンのタフさは折り紙つきで佐藤戦でもKOされてもおかしくないほどのダメージを負いながらも佐藤に肉薄して判定まで立っている。

 

前半飛ばしてきたスリヤンだったけど後半にかけて調子の上がってくる山中に捕まっちゃいましたね…この人の左はマジでショートでもロングでも当たると致命打ですな…

 

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!! (海外ボクシングを見るならWOWOW)

www.boxsharpjab.com

 

adsense
おすすめの記事