adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2018年アメリカのサウスダコタ州デッドウッドで行われたWBCスーパーライト級暫定王座決定戦

レジス・プログレイス(アメリカ)vs.ジュリウス・インドンゴ(ナミビア)の一戦です!

[:contents]

www.boxsharpjab.com

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

プログレイスは無敗のプロスペクトでここまで21戦21勝19KOの強打者。今回が世界初挑戦となります!

対するインドンゴは元IBF.WBA統一王者でこの前戦でテレンス・クロフォードとの4団体王座統一をかけての一戦に敗れ、これが再起戦にして王座返り咲きのチャンス!

インドンゴは異様に長いリーチで間合いの外から飛ばしてくる左ストレートが主武器でいずれも敵地でトロヤノフスキーをワンパンチでKO、次戦でリッキー・バーンズを判定で下し世界を驚かせたサウスポーですね!

 

そしてこの試合はプログレイスが2ラウンドでインドンゴを文字通り破壊!!

インドンゴのリーチを逆手にとってインドンゴの踏み込みに合わせて踏み込み、接近戦に持ち込んで圧殺する完璧な世界初挑戦でした!!

 

それではこの試合を振り返ります!

www.boxsharpjab.com

 

 

試合経過

 

1ラウンド

インドンゴはスタンスを長く取り左ストレートを打ち込む。

プログレイスはしっかりガードして徐々に距離を詰めて1分過ぎには右のジャブをカウンターで浴びせる。

ジリジリ距離を詰めるプログレイスはインドンゴの踏み込みに合わせて踏み込んで中盤には打ち終わりに右フックをヒット!

積極的に左を打ち込むインドンゴは姿勢を低く保つプログレイスに打ち下ろしの左をヒットさせる。

しかしラウンド残り30秒インドンゴの右ジャブにカウンターの右ジャブを合わせてインドンゴがたたらを踏んでロープに下がる!

クリンチでしのぐインドンゴだがプログレイスはインドンゴの下り際に右アッパーを合わせてバランスを崩したところに右ジャブで追撃し尻餅をつかせるダウンを奪ってラウンドを終える!!

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

2ラウンド

開始早々プログレイスは距離を詰めてインドンゴの踏み込みに合わせてコンビネーションを放ち最後の左ショートがインドンゴを捉えロープまで吹き飛ばす!!

インドンゴも踏み込みに合わせて左アッパーを織り交ぜたコンビネーションを放つが下がりながらで押し込まれている印象が強い。

プログレイスはもみ合いの中でボディをしつこく叩く。

そして迎えた残り1分もみ合いの中で一歩下がったプログレイスがインドンゴの右ジャブに合わせて強烈な左フックのカウンター!!

インドンゴはロープに頭を突っ込ませて吹き飛んでしまう痛烈なダウン!!

よく立ったインドンゴだがかなり効いている。

プログレイスは踏み込み、インドンゴは左アッパーで迎撃しようとするがプログレイスの大振りの左フックがカウンターでヒットしまたもダウン!!

またしても立ったインドンゴだが足元がかなり揺れている。

そして近づいてくるプログレイスは左フック1発で押し倒すようにダウンを奪うとレフェリーがストップ!!

プログレイスが豪打を爆発させてインドンゴを粉砕した!

www.boxsharpjab.com

 

 

所感

 

プログレイス強し!!

 

もちろんやりにくいが動きがワンパターンと呼ばれるインドンゴをよく研究してきたのは明白だが2ラウンドであっさりあそこまで近づいてKOしてしまうとは…

 

インドンゴはパンチの種類があまりなくてほとんど身体能力の高さで世界までたどり着いた感のある選手。

クロフォードにはほとんど同等の身体能力と余りに差があるリングI.Qで研究された末に3ラウンドで沈められた…

 

結果的には今回も同じパターンだったかな。

アメリカのプロモーターと契約したらしいけどもう35歳とかだしこれからは結構きつくて門番的な立ち位置になりそう…

 

で、プログレイスですがこちらはかーなり強い

正規王者のラミレスくらいならラミレスの手数を物ともせずに8ラウンドぐらいで圧殺できてしまいそうなくらいパンチ力と圧力がある。

 

WBSSに出場しておりテイラーと彼が優勝候補だがテイラーとの一騎打ちは実質スーパーライト級の頂上決戦じゃないの

 

多分プログレイスはこれからしばらくトップで活躍する選手になると思うので目が離せませんね!!!

 

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!! (海外ボクシングを見るならWOWOW)

www.boxsharpjab.com

 

adsense
おすすめの記事