adsense
adsense
pickup

こんにちは。管理人です。

 

Pernell Whitaker

Pernell Whitaker

 

 

[:contents]

www.boxsharpjab.com

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

 

今日は1990年8月に行われた世界ライト級王座統一戦。

WBC.IBF王者パーネル・ウィテカー(アメリカ)vs.ファン・ナサリオ(プエルトリコ)の一戦です。

 

IBF王座獲得後かつて議論を呼ぶ判定の末敗れたホセ・ルイス・ラミレスを破りWBC王座も獲得。防衛戦でもアズマー・ネルソンやフレディ・ペンデルトンなど強豪を破ってきました

一方ナサリオはこの試合の前にエドウィン・ロサリオを破って王座戴冠。

初防衛にして統一戦を迎えました。

 

試合前の予想は実績で上回るウィテカーの大差判定勝ちが多かったこの試合掲題の通り衝撃の結末を迎えるのですが何が起きたのか、久し振りに見てみます。

www.boxsharpjab.com

 

試合経過

 

 

1ラウンド

サウスポーのウィテカーが右ジャブを飛ばす。

同じくサウスポーのナサリオにスピード差を見せつけ早くもジャブ、左を浅くコネクト。

ナサリオは打ち終わりに体が流れてしまっており、動きもウィテカーと比べるとかなり鈍い。

ラウンド中盤ウィテカーが綺麗にボディー打ちを決める。

ウィテカーはナサリオに打ち勝てると判断したかいつもより足を使っていない

珍しく足を踏ん張ってパンチを打っている。

ウィテカーはボディーを中心にパンチを集めロープ際でスピードに乗った右ボディーを綺麗にみぞおちに決める。

ナサリオは想定外のウィテカーのパンチ力に少し面食らっているようで手数も少ない。

そして迎えた残り20秒。

ナサリオが頭から突っ込んでくるところに切れ味抜群の左ストレートを顎に綺麗にヒット!!

ワンテンポ置いて前のめりにダウンするナサリオ。10カウントより長いカウントでも立ち上がることはできずウィテカーがまさかのノックアウトオブザイヤーの候補になるようなKOをデモンストレートした。

www.boxsharpjab.com

 

所感

 

 

ウィテカーがKO勝ち。しかもワンパンチ。

もう衝撃的でしたね。きっとウィテカーは相手がナサリオならスピード差を生かしてKOすることができると思っていたんだと思います。

てかナサリオのパンチマジで一発も当たりませんでしたね…

たまたま1ラウンドでこういうシーンがきただけで試合の中盤にはきっとウィテカーがナサリオを蜂の巣にして連打でKOしてたんじゃないかな。

だけどこんな勝ち方統一戦で中々ないですよね。さすがホールオブフェイマー

ウィテカーって不当な判定負けが多いんですがもしもっとパンチがあったらオールタイムパウンドフォーパウンドにも選ばれたんじゃないかな?そのくらい彼は天才ですよね。

 

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!! (海外ボクシングを見るならWOWOW)

www.boxsharpjab.com

 

adsense
おすすめの記事