adsense
adsense
pickup

WBO.WBA.WBC世界ライト級チャンピオンのワシル・ロマチェンコさん。今週末にIBFチャンピオンのテオフィモ・ロペスとの試合を控えておりますが自分は自分のレガシーを高めたいだけなんだと話しておりますな。

2人のファイターの運命の交錯…ワシル・ロマチェンコvs.テオフィモ・ロペス予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ロマチェンコはフェザー級、スーパーフェザー級、ライト級でのタイトルを獲得してきた3階級制覇チャンピオン。サウスポーのインファイターでコンビネーションを使うタイプ。ロンドンオリンピックと北京オリンピックを2連覇しており、ウクライナの最高傑作とされておりますな。

"これは俺にとってとても大きな試合だ。俺はアマチュアから出てきた最もグレートなボクサーてして歴史に名前を刻みたいね。俺たちはこれまで可能な限りベストな相手たちとの試合を実現してきた。そしてそのすべてを乗り越えてきたよ。この試合に勝てば間違いなく俺のレガシーを高めることができる。プロボクシングの世界に飛び込んでから俺はずっとトップのファイターと世界チャンピオン達との試合をやりたかった。そして今俺は目の前にトップのファイターを迎えてるよ。俺はただ自分のことを高めて自分のレガシーを高めたいだけなんだ。"

ロマチェンコさんはなかなか謙虚なんやけど自信満々やでなぁ。

ウクライナの最高傑作にして超精密なハイテク!!ワシル・ロマチェンコ!

続いてクルーザーコンテンダーのスティーブン・ウォードさん。クルーザーのウェイトでジョーン・ボラウとMTKのカードで試合をするようですな。

クルーザー級は先日大きな動きがありWBAスーパー王者として長年の間チャンピオンとして活躍してきたデニス・レベデフが39歳でチャンピオンのまま引退したのに復帰して負けてまた引退4団体統一王者だったオレクサンデル・ウシクがヘビー級に上げたためタイトルは空位となりIBFWBSSトーナメントの準決勝でアンドリュー・タビチをKOしたユニエル・ドルティコス、WBOは同じくトーナメントの準決勝でクリシュトフ・グロワッキをKOしたマイリス・ブリエディスが獲得したもののダイレクトリマッチがオーダー。しかしブリエディスはこれをすっぽかしてドルティコスとの試合を選択してWBOタイトルはローレンス・オコリーとグロワッキの間で争われそうかな。以下はマネージャーのコメントです。

"ゴールデンコントラクトのトーナメントにグレートな試合を追加できて嬉しいよ。ウォードは昨年とてもハードワークしてきてクルーザー級に向かっている。そして目の前にはとてもタフなボラウが待ってるよ。ボラウはずっとクルーザー級でやってきてるからね。"

ほう。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

グロワッキはリスキーやな…ローレンス・オコリーvs.クリシュトフ・グロワッキ予想

adsense
おすすめの記事