adsense
adsense
pickup

WBC世界スーパーフェザー級王者のミゲール・ベルチェットさん。9月14日のメキシコの独立記念日に予定されているラスベガスでのタイソン・フューリーとオットー・ワーリンのヘビー級ノンタイトルマッチの前座で防衛戦をする可能性があるそうです。

バルデスのマネージャー"バルデスはベルチェットとの試合を望んでる"キーラーupdates!

ベルチェットはスーパーフェザー級で実績抜群の王者で階級最強の称号をWBAスーパー王者のガーボンタ・デービスと二分する実力の持ち主であるメキシカンファイター。5月の防衛戦では元王者のフランシスコ・バルガスをまたKOしており防衛戦でKOできなかったのは元王者の三浦隆司のみと素晴らしい強打と運動量、止まらない手数を持ち合わせるファイターですな。キャリアの世界挑戦する前に不覚のKO負けを喫してますが世界戦では全ての試合に勝っておりWBO暫定タイトルを獲得したこともあります。

ちなみにベルチェットの相手はまだわからないそうですが前から噂されているWBO世界フェザー級王者のオスカー・バルデスではないようです。

"バルデスとの試合は9月にはやらないよ。バルデスとの試合は多分来年にならないと実現しないんじゃないかな。"

まぁそうだろうな。ベルチェットがそこで防衛戦をするとなると相手の候補としてはジョセフ・ディアスとかありそう。

ミゲール・ベルチェットの試合をテレビで見る方法は?これまでの経歴も紹介!

続いて先日シャクール・スティーブンソンvs.アルベルト・ゲバラのニュージャージー州ニューアークのカードの前座にてウェルター級でプロデビューしていたビト・ミエルニキさん。PBCと契約したそうで9月28日にカリフォルニアで試合をするつもりでしたがカリフォルニアでは18歳以上でないと試合ができないためこのデビュー戦はなくなるかもとのことです。

ウェルター級では7月21日にレジェンドのマニー・パッキャオがキース・サーマンとのWBA世界ウェルター級王座統一戦が行われておりパッキャオがサーマンに判定勝ち。さらには前座のセルゲイ・リピネッツやヨルデニス・ウガスも世界タイトルを狙っておりIBF王者のエロール・スペンスとWBC王者のショーン・ポーターの試合も決まっており早くも舌戦をしているなどボクシングにおいて最も熱い階級とされておりますな。以下はカリフォルニアコミッションのアンディ・フォスターさんのコメントです。

"カリフォルニアではボクサーは18歳以上でないとならないんだ。この条約は俺たちの書類にしっかりと明記されているし試合の契約が成立してたとしても俺たちは試合を断ることになると思う。"

うん、まぁこれは仕方のないことかなと思いますね。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW

今年はスペンスイヤーになりそうやぞエロール・スペンスvs.ショーン・ポーター予想

adsense
おすすめの記事