adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2003年にアメリカで行われたWBO世界スーパーライト級タイトルマッチ

王者デマーカス・コーリーvs.ザブ・ジュダーの一戦です!!

稀代の天才サウスポーにしてスピードスター ザブ・ジュダー

この試合は3度目の防衛戦。エネール・フリオを衝撃の初回KOで下しているコーリーさんはサウスポーの打ち下ろしのフックを得意とするパンチャーで元ノックアウトキングのランドール・ベイリーも下してますな。

ジュダーは元IBF王者で天才的なサウスポーのスピードスター。センス抜群のキレのある動きを特徴としてますがコスタヤ・チューにKOされており再起戦をクリアしてWBOタイトルを狙ってきましたな。

そしてこの試合はジュダーがコーリーから左スイングでダウンを奪うなど前半戦をリードしますがコーリーは中盤やりにくさとテクニックで巻き返します。ジュダーが後半アウトプットを増やして僅差の判定を逃げ切りましたがかなり接戦でしたね!

それではこの試合を振り返ります!!

インテリジェントは大事だぜ… フロイド・メイウェザー・ジュニアvs.ザブ・ジュダー

試合経過

1ラウンド

ジュダーはジャブをついて間合いを取りコーリーはいきなり右フックを振ってくる。

コーリーはジャブが速くボディに出して手数をやや多く出してくる。

コーリーは思いっきり飛び込んで右フックを振ってきて当たれば相当怖い。

2ラウンド

コーリーは間合いを保ちながらジャブを出して顔面にもジャブを当てる。

ジュダーは入ってくるところに鋭い左を当てて一撃の切れ味で勝る。

コーリーは左ボディを出して肉薄して接近戦に持ち込んでボディを攻める。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

3ラウンド

コーリーはジャブを出して上下に散らしてなかなかやりにくい。

ジュダーはプレッシャーをかけてコーリーの右フックをスウェーでかわす。

どちらもヒットに乏しいもののジュダーがステップを踏んで少し体がほぐれてきている。

そしてラウンド終了間際にジュダーがロングの左ストレート、入り際に合わせた左スイングを当てるとコーリーはクリンチしながらダウン!立ったが結構効いている!

ダニー・ガルシアの試合をテレビで見る方法は?これまでの経歴も解説!

4ラウンド

ジュダーはジャブを出してかなりスピードが速く足も速い。

コーリーは左右ストレートで肉薄してロープに詰めようとしてくる。

ジュダーはコーリーの入り際を狙っており左フックをショートで出してくる。

5ラウンド

ジュダーは足を使ってリングを周り速いジャブをコツコツ当てる。

コーリーはダブルでジャブを出して間合いを詰めるとアッパーを狙ってくる。

コーリーはさらに中盤踏み込んで左ストレートを浅く当ててジュダーはワンツーを返してロープに詰めると左右ボディとワンツーでコーリーは一瞬クリンチする。

6ラウンド

ジュダーは右フックをガードの上に出して少し運動量が増えてきている。

コーリーは左クロスを出してより長い左ストレートを出してくる。

ジュダーは踏み込んでワンツーを浅く当ててコーリーも終盤踏み込んで左ストレートを当てる。

チョップチョップさんメイウェザーを追い込む…フロイド・メイウェザー・ジュニアvs.デマーカス・コーリー

7ラウンド

コーリーはジャブを出して飛び込んで右フックを狙う。

ジュダーはプレッシャーをかけるがコーリーはジャブを出して間合いを取る。

コーリーは左ストレートを浅く当ててジュダーもよく反応してるが少し手数が少ない。

8ラウンド

ジュダーはジャブをガードの上に出してコーリーは間合いを詰めてロープに詰めようとする。

コーリーは少し手数を多く出してジュダーは左ボディを差し込む。

コーリーはジュダーの入り際を狙って右フックを振り緊迫感のある試合となる。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

9ラウンド

コーリーは左ボディからの右フックを当ててうまさを見せる。

さらにジャブを上下に散らして顔面に左フックを打ち下ろして追いかけてくる。

コーリーは体をつけてジュダーのパンチを打つスペースを奪いこの辺りがうまい。

ジュダーさんガルシアを弱気にさせる…ダニー・ガルシアvs.ザブ・ジュダー

10ラウンド

ジュダーは焦ったのか前に出てワンツーを出してこれはかなり速い。

コーリーは落ち着いてジャブと見せかけての左ストレートをクリーンに当てる。

さらに打ち終わりにジュダーにのしかかるなど地味なダーティーさを見せてスタミナを奪う。

11ラウンド

ジュダーはコーリーが出てくるところに左右フックをまとめて少し焦っている。

コーリーは左ストレートから右アッパーを繰り出すなどかなり変則的にくる。

ジュダーはワンツーからジャブを出して手数を出してポイントを取りにくる。

12ラウンド

ジュダーはコーリーが出てくるところにジャブを当てて調子が出てくる。

コーリーは飛び込んでジャブを放ちジュダーは間合いを取る。

ジュダーは中盤右ボディをねじ込んでコーリーは体が少し曲がるなど鋭いパンチが効いている。

判定は115-113.115-112.113-115の2-1でジュダー!

ちなみに僕は114-113でコーリーでした!!

ジュダーさん負けて荒ぶる… コスタヤ・チューvs.ザブ・ジュダー

所感

ジュダーたん負けてたやん…

この試合はサウスポーのカウンターパンチャー同士の試合だったのでとてもつまらないというか裏を取り合う試合になりアクションには乏しかったですね。

しかしこの2人の勝敗を分けていたのはコーリーのスマートさ。個人的にはコーリーが勝ったと思ったのですがフェイントや見せかけのテクニックでジュダーのスピードを相殺してましたよね。

ジュダーもかなり速いしセンスもめちゃくちゃ良いのにもうちょっと頭良ければなぁとは言ってはいけない一言ですよね笑笑。そう思ってしまうセンスの持ち主ですが。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ウェルター級最強トーナメント開始…エロール・スペンスvs.ショーン・ポーターの試合をテレビで見る方法は?これまでの経歴も解説!!

adsense
おすすめの記事